暇なおっさんブログ

独身30代おっさんの日々を綴る

宇多田ヒカルのライブに行きました

実は私、宇多田ヒカルさんのファンです。昔からの大ファンというわけではないのですが、Youtube宇多田ヒカルさんの曲を聞いているうちにハマりました。

 

ハマった当時、あまりにもエンドレスで聞き続けたため、夢に出てきたほどです。Time Will Tell、Stay Gold、Prisoner Of LoveFlavor Of Life、上げれば切りがないほど好きです。これほどまでに甘く切なく歌い上げることができるでしょうか。おっさんである私が乙女の気分に浸るほどです。

 

ライブでこの歌声を聞きたいと思った時には遅く、人間活動期間に入っておりました。もう二度とアーティスト活動に戻らないと思ってた所、舞い戻ってきてくれました。なんとライブもしてくれるとのこと。新しいアルバムの初恋にはライブの先行応募券が付いています。すぐにアルバムを買って申し込みました。

 

ファンクラブのない宇多田ヒカルさんですから、現役から遠のいていたとはいえ、当選するのはむずかしいはずです。このチケット申し込みはなかなかハードルが高く、完全なる転売対策がなされたものでした。応募に顔写真が必要で、入場時に顔認証によるチェックが入るとのことです。

 

開催日を第三候補まで選択できますが、私はダメ元で最終日の幕張に応募しました。そして、なんと当選することができました。

 

そして、12月9日幕張に意気揚々と向かいました。入場時の顔認証はスムーズで、QRコードスキャン後、カメラに顔を向けた一瞬で判定されました。正直、もっと時間がかかったりトラブったりするのかと思っていたので意外でした。他のライブでも今後導入されていくかもしれません。

 

思ったより会場内は狭く、こじんまりとしておりました。幸いなことに中央A5ブロック14列目という間近で見ることができました。肉眼で宇多田ヒカルさんの表情も見ることができて最高でした。

 

さすがに月日は残酷なもので多少老いたように見えましたが、自然体の彼女が見れてますますファンになりました。背中がぱっくりと空いた衣装でしたが、かなり鍛えられた体にプロ意識を感じます。私も筋トレなどするので分かりますが、あそこまで体を鍛えるのは並大抵のことではありません。

 

さらにスマホでの撮影や録画も許可されておりました。こんなことは初めてなので、おどろきましたが、なかなか太っ腹です。ファンの方と対話する場面もあって、距離感の近さも面白かったです。

 

これからもアーティスト活動がんばって欲しいです。またライブ行きたいわー。