暇なおっさんブログ

独身30代おっさんの日々を綴る

メルカリデビューで痛恨のミスをしました

いまさらですが、初めてメルカリで出品してみました。ヤフオクは何度か利用したことはありましたが、メルカリは初めてです。

 

試しに出品したのは、以前ポイントで交換した非売品のノベルティグッズです。円換算で1600円ほどの物になります。ヤフオクとメルカリどちらで出品した方がお得なのでしょうか。

 

ヤフオクですと出品手数料10%です。私はプレミアム会員ですので、8.64%になります。メルカリは10%ですので、ヤフオクで出品した方が安くなりますが、物は試しとメルカリを使ってみることにしました。

 

PCからも利用できますが、スマホで出品・落札しやすいようなシステムという印象です。今の時代にあったサービスだと感じました。フリマ感覚でコメントで交渉したりできるのが面白いです。

 

出品してみる

さっそく出品してみました。試しにスマホで出品までやってみることにしました。まず、同じ商品を出品している人がいたので、説明を何となくパクります()。

そのまま商品撮影がスマホで出来るのは楽でした。

 

発送方法を指定すると、そのまま送料も落札額から差し引いてくれるので楽でいいと思いました。あと、匿名で売買できるようなので、住所がバレずに安心です。

今回は、小さいノベルティグッズでしたので、ゆうゆうメルカリ便というのを選択しました。これは、日本郵便で厚さ3センチA4サイズのものが190円で送れるものです。

3センチギリギリのサイズでしたが、まあイケるだろうと思い選択しましたが、これが後々痛い目を見ることになりました。

 

コメントが付く

出品すると、「いいね」してくれたり興味持ってくれてる人が分かるのが楽しいです。しばらくすると、コメントが付きました。案の定、「もっと安くなりませんか。」というコメントが。これを見越して少々高めの値段設定をしましたので、100円値引きしてみます。

すると、「考えてみます!」とコメント付いて去ってゆきました…。

 

その後も、いいねが来るものの、まったくコメントも付かずでしたので、少しずつ値段を下げていきます。最初の値段設定から500円ほど下げてようやく売れました。思ったより値下げすることになりましたが、送料と手数料を差し引いてもプラスです。

 

発送でトラブル

小物でしたので、プチプチが付いた封筒に入れて送ることにしました。百均で買ったもので、2枚で100円ほどです。封筒に入れるとプチプチがある分、若干厚くなってしまいました。3.5センチくらいでしょうか…。少し心配になりましたが、まあこれくらいならオマケしてくれるかなと思い郵便局へ

 

郵便局に設置してあるゆうプリタッチという端末に、メルカリのアプリで出力したQRコードをかざします。すると発送用のシールが出力されますので、それを持って受付に行くだけで発送完了です。問題がなければ

 

発送用シールと荷物を受付に出すと、なにやら枠のようなものに商品を通し始めました。これは想定外です。メジャーかなんかで測るものかと思ってました。この枠は3センチの隙間が空いており、商品が通過しなければ送れないようです。

 

受付「あっ、これ無理です。通りません。」

私「()。無理やり潰して入りませんか。」

受付「こちらでは無理です。通るようにしてから来てください。」

 

オマケしてくれると思った私が甘かった。その場で、メルカリアプリを開き、一つ上の通常発送でQRコードを発行し直します。再度、ゆうプリタッチを使って発送用シールを出力して受付へ。なんとか、発送できましたが、送料が600円となってしまいました…想定外です。

 

反省

匿名発送だったので、レターパックに切り替えたりできなかったため、結果的に送料が高くなってしまいました。郵便局の人を甘く見ておりました。

3センチを超えるようならレターパックにするか、らくらくメリカリ便の宅急便コンパクトがいいようです。

 

少しマイナスとなってしまいましたが、これからは気をつけようと思います。とは言え、発送まで手軽にできるので、また使ってみようと思います。